志賀直哉を読む




「人を殴った話」


志賀直哉は人の頭や顔を殴った経験が唯一度を除いてないということだが、これはその唯一の例外である人の頭を殴った時のことについて書いたもの。
志賀が雑誌の取材で幼友達と話した際、いろんな昔話が出た。その中のひとつがSという男についてだった。
彼は“痩せて、ヒョロヒョロと高く、無表情の蒼白い顔には何か傲慢な感じ”がある男だった。
彼にはある悪い噂があって、けしからん奴だということで友人と彼を殴ろうということになった。…
本作品では、その後の様子や、学習院を出た後の彼の消息などについてもふれている。
                      (2005.5.7/菅井ジエラ)

「志賀直哉を読む」ページトップヘ
「文芸誌ムセイオン」トップヘ

All Rights Reserved Copyright (C) 2004-2016,MUSEION.

inserted by FC2 system