P・G・ウッドハウス(Sir Pelham Grenville Wodehouse / 1881〜1975)

1881年10月15日、英国サリー(Surrey)州の中心的な街で、首都ロンドンより列車で20分ほどの場所にあるギルドフォード(Guildford)に生まれる。ダルウィッチ・カレッジ(Dulwich College)に学び、大学をめざしたが家庭の経済的な事情で断念。香港上海銀行(Hong Kong and Shanghai Bank)で2年ほど働きながら執筆活動を行っていた。そして1902年9月、処女小説「賞金ハンター(The Pothunters)」を発表。1903年に銀行を退職後、1906年には『ヒヨコ天国(Love Among the Chickens)』を発表し、徐々にユーモア作家としての地位を不動のものにしていった。第二次大戦後、活動拠点を米国に移し、1955年に帰化。1975年1月には英国女王よりサーの称号を与えられたが、その翌月14日、93歳で生涯の幕を閉じた。

いわゆるジーヴス(Jeeves)もの、マリナー氏(Mulliner)もの、ブランディングス城(Blandings Castle)ものなどで、彼は数多くの魅力的な人物を創造しているが、なかでも主人バーティ(Bertie)と執事ジーヴスのシリーズはテレビドラマ化もされ、本国英国や米国はもとより、世界中にたくさんのファンをもつ。日本では、戦前に「新青年」を中心として彼の作品が数多く紹介されていたが、戦後になり特にここ数年はアンソロジーものを除いて彼の作品をほとんど楽しめないという不遇の時代が続いていた。しかし2005年、国書刊行会、文藝春秋が相次いで彼の作品を発表。ウッドハウスファンにとっては嬉しい年となった。



作品紹介
各タイトル末にあるアルファベットは、それぞれ
J=ジーヴスもの、M=マリナー氏もの、B=ブランディングス城もの、
G=ゴルフもの、U=ユークリッジものを示す。
既訳のみを表示

長編

1902年
(9月)『(The Pothunters)』(未訳)

1903年
(9月)『(A Prefect's Uncle)』(未訳)

1904年
(9月)『(The Gold Bat)』(未訳)
(11月)『(William Tell Told Again)』(未訳)

1905年
(10月)『(The Head of Kay's)』(未訳)

1906年
(6月)『ヒヨコ天国(Love Among the Chickens)』(U)

1907年
(10月)『(The White Feather)』(未訳)
(10月)『(Not George Washington)』(未訳)

1908年
(6月)『(The Globe By the Way Book)』(未訳)

1909年
(4月)『(The Swoop)』(未訳)
(9月)『(Mike)』(未訳)

1910年
(5月)『(A Gentleman of Leisure / The Intrusion of Jimmy)』(未訳)
(9月)『(Psmith in the City)』(未訳)

1912年
(2月)『(The Prince and Betty)』(未訳)

1913年
(8月)『(The Little Nugget)』(未訳)

1915年
(9月)『新聞記者スミス(Psmith Journalist)』
(9月)『(Something Fresh / Something New)』(未訳)(B)

1916年
(3月)『(Uneasy Money)』(未訳)

1917年
(2月)『恋人海を渡る(Piccadilly Jim)』

1919年
(8月)『劣等優良児(Their Mutual Child / The Coming of Bill)』
(10月)『(A Damsel in Distress)』(未訳)

1920年
(10月)『(Jill the Reckless / The Little Warrior)』(未訳)

1921年
(2月)『(Indiscretions of Archie)』(未訳)

1922年
(4月)『(The Girl on the Boat / Three Men and a Maid)』(未訳)
(10月)『(The Adventures of Sally / Mostly Sally)』(未訳)

1923年
(5月)『比類なきジーヴス(The Inimitable Jeeves / Jeeves)』(J)
(11月)『スミスにおまかせ(Leave it to Psmith)』(B)

1924年
(11月)『(Bill the Conqueror)』(未訳)

1925年
(10月)『ひょっくりサム(Sam the Sudden / Sam in the Suburbs)』

1927年
(4月)『(The Small Bachelor)』(未訳)

1928年
(7月)『(Money For Nothing)』(未訳)

1929年
(7月)『ブランディングズ城の夏の稲妻(Summer Lightning / Fish Preferred)』(B)

1931年
(1月)『(Big Money)』(未訳)
(9月)『(If I Were You)』(未訳)

1932年
(3月)『(Louder and Funnier)』(未訳)
(4月)『ドクター・サリー(Doctor Sally)』
(8月)『(Hot Water)』(未訳)

1933年
(7月)『ブランディングズ城は荒れ模様(Heavy Weather)』(B)

1934年
(3月)『サンキュー、ジーヴス(Thank You, Jeeves)』(J)
(10月)『よしきた、ジーヴス(無敵相談役)(Right Ho, Jeeves / Brinkley Manor)』(J)

1935年
(10月)『(The Luck of the Bodkins)』(未訳)

1936年
(9月)『笑の饗宴(笑ガス)(Laughing Gas)』

1937年
(10月)『(Summer Moonshine)』(未訳)

1938年
(10月)『ウースター家の掟(The Code of the Woosters)』(J)

1939年
(8月)『(Uncle Fred in the Springtime)』(未訳)(B)

1940年
(10月)『(Quick Service)』(未訳)

1942年
(1月)『(Money in the Bank)』(未訳)

1946年
(8月)『ジーヴスと朝のよろこび(Joy in the Morning)』(J)

1947年
(5月)『(Full Moon)』(未訳)(B)

1948年
(5月)『(Spring Fever)』(未訳)
(10月)『(Uncle Dynamite)』(未訳)

1949年
(9月)『ジーヴスと恋の季節(The Mating Season)』(J)

1951年
(4月)『(The Old Reliable)』(未訳)

1952年
(4月)『(Barmy in Wonderland / Angel Cake)』(未訳)
(10月)『(Pigs Have Wings)』(未訳)(B)

1953年
(4月)『お呼びだ、ジーヴス(Ring For Jeeves / The Return of Jeeves)』(J)
(10月)『ブリング・オン・ザ・ガールズ!(Bring on the Girls)』(訳出は第一章のみ)
(10月)『(Performing Flea / Author! Author!)』(未訳)

1954年
(10月)『ジーヴスと封建精神(Jeeves and the Feudal Spirit / Bertie Wooster Sees It Through)』(J)

1956年
(1月)『(French Leave)』(未訳)
(5月)『(Over Seventy / America, I Like You)』(未訳)

1957年
(1月)『(Something Fishy / The Butler Did It)』(未訳)

1958年
(6月)『(Cocktail Time)』(未訳)

1960年
(4月)『ジーヴスの帰還(Jeeves in the Offing / How Right You Are, Jeeves)』(J)

1961年
(2月)『(Ice in the Bedroom / The Ice in the Bedroom)』(未訳)
(10月)『(Service With a Smile )』(未訳)(B)

1963年
(3月)『がんばれ、ジーヴス(Stiff Upper Lip, Jeeves)』(J)

1964年
(7月)『(Frozen Assets / Biffen's Millions)』(未訳)

1965年
(1月)『(Galahad at Blandings / The Brinkmanship of Galahad Threepwood)』(未訳)(B)

1967年
(5月)『(Company For Henry / The Purloined Paperweight)』(未訳)

1968年
(8月)『(Do Butlers Burgle Banks?)』(未訳)

1969年
(9月)『(A Pelican at Blandings / No Nudes Is Good Nudes)』(未訳)(B)

1970年
(10月)『(The Girl in Blue)』(未訳)

1971年
(10月)『感謝だ、ジーヴス(Much Obliged, Jeeves / Jeeves and the Tie That Binds)』(J)

1972年
(10月)『(Pearls, Girls and Monty Bodkin / The Plot That Thickened)』(未訳)

1973年
(10月)『(Bachelors Anonymous)』(未訳)

1974年
(10月)『ジーヴスとねこさらい(Aunts Aren't Gentlemen / The Cat-Nappers)』(J)

1977年
(11月)『(Sunset at Blandings)』(未訳)(B)




短編

1900年
(2月)「ゲームキャプテンであることの諸問題(Some Aspects of Game-Captaincy)」

1901年
(7月)「(The Prize Poem)」(未訳)
(8月)「(L'Affaire Uncle John)」(未訳)
(8月)「(When Papa Swore in Hindustani / How Papa Swore…)」(未訳)
(10月)「(Author!)」(未訳)
(12月)「(The Strange Disappearance of Mr. Buxton-Smythe)」(未訳)

1902年
(2月)「(The Babe and the Dragon)」(未訳)
(2月)「(The Tabby Terror)」(未訳)
(3月)「(The Adventure of the Split Infinitive)」(未訳)
(7月)「(Bradshaw's Little Story)」(未訳)
(8月)「(The Odd Trick)」(未訳)
(9月)「未完のコレクション(An Unfinished Collection)」
(10月)「(How Paine Bucked Up)」(未訳)
(11月)「(Welch's Mile Record)」(未訳)

1903年
(1月)「(Harrison's Slight Error)」(未訳)
(4月)「(Cupid and the Paint-Brush)」(未訳)
(4月)「退屈の狩人、ダドリー・ジョーンズ(Dudley Jones, Bore-Hunter)」
(5月)「故郷ストランドへの帰郷(Back to His Native Strand)」
(5月)「(How Pillingshot Scored)」(未訳)
(5月)「(The Idle King)」(未訳)
(8月)「(The Manoeuvres of Charteris / Out of Bounds)」(未訳)
(9月)「放蕩息子(The Prodigal)」
(11月)「(The Dastardly Behaviour of Bashmead)」(未訳)

1904年
(6月)「(Jackson's Extra)」(未訳)
(8月)「(Blenkinsop's Benefit)」(未訳)
(8月)「(Homeopathic Treatment)」(未訳)
(9月)「(An Afternoon Dip / Jackson's Dip)」(未訳)
(11月)「(The Reformation of Study Sixteen)」(未訳)

1905年
(1月)「(A Corner in Lines)」(未訳)
(2月)「(The Autograph Hunters)」(未訳)
(4月)「(Ruthless Reginald)」(未訳)
(5月)「(The Politeness of Princes)」(未訳)
(6月)「(Shields' and the Cricket Cup)」(未訳)
(7月)「(An Affair of Boats)」(未訳)
(7月)「(Between the Innings)」(未訳)
(7月)「(Tom, Dick, and Harry)」(未訳)
(7月)「(The Wire-Pullers)」(未訳)
(8月)「(The Deserter)」(未訳)
(8月)「(The Last Place)」(未訳)
(9月)「(An International Affair)」(未訳)
(9月)「(Kid Brady, Light-weight)」(未訳)
(9月)「(The Lost Bowlers)」(未訳)
(11月)「(Kid Brady ─ How he Broke Training)」(未訳)

1906年
(1月)「(Kid Brady ─ How he Won the Championship)」(未訳)
(2月)「(Petticoat Influence)」(未訳)
(3月)「(Kid Brady ─ How he Assisted a Damsel in Distress)」(未訳)
(5月)「(Kid Brady ─ How he Joined the Press)」(未訳)
(5月)「(Playing the Game / Scott's Sister)」(未訳)
(5月)「(Signs and Portents)」(未訳)
(7月)「(Kid Brady ─ How he Fought for His Eyes)」(未訳)
(8月)「(A Benefit Match)」(未訳)
(8月)「(The Pro)」(未訳)
(9月)「(A Division of Spoil)」(未訳)
(12月)「(The Fifteenth Man)」(未訳)

1907年
(3月)「(Kid Brady ─ How he Took a Sea Voyage)」(未訳)
(7月)「(Personally Conducted)」(未訳)

1908年
(8月)「(Ladies and Gentlemen v. Players)」(未訳)
(9月)「(The Guardian)」(未訳)
(12月)「(The Kind-Hearted Editor)」(未訳)

1909年
(6月)「(Against the Clock)」(未訳)
(7月)「(Reginald's Record Knock)」(未訳)
(9月)「(Out of School)」(未訳)

1910年
(2月)「社長と秘書と社員の毒気(The Man, the maid and the Miasma)」
(2月)「守護神(The Good Angel / The Matrimonial Sweepstakers)」
(3月)「アーチボルドの勝利(Archibald's Benefit)」
(3月)「上の部屋の男(階上の男)(The Man Upstairs / The Man Up-stairs)」
(4月)「(Rough-Hew Them How We Will)」(未訳)
(5月)「(Deep Waters)」(未訳)
(5月)「(Misunderstood)」(未訳)
(5月)「(Stone and the Weed)」(未訳)
(7月)「(By Advice of Counsel)」(未訳)
(7月)「恋とブルドッグ(Love Me, Love My Dog / The Watch Dog / A Dog-Eared Romance)」
(9月)「(Pillingshot, Detective)」(未訳)
(9月)「(The Pitcher and the Plutocrat)」(未訳)
(11月)「思案の外(Ahead of Schedule)」
(12月)「(When Doctors Disagree)」(未訳)

1911年
(2月)「(Pillingshot's Paper)」(未訳)
(3月)「不在療法(Absent Treatment)」
(5月)「(Educating Aubrey)」(未訳)
(7月)「(The Best Sauce / A Dinner of Herbs)」(未訳)
(8月)「(Three from Dunsterville)」(未訳)
(12月)「(Pots o'Money)」(未訳)
(12月)「ペギーちゃん(In Alcala)」

1912年
(1月)「(The Goal-Keeper and the Plutocrat)」(未訳)
(3月)「ダギー救出指令(Disentangling Old Percy / Disentangling Old Duggie)」
(3月)「セリフと演技(Lines and Businesses)」
(5月)「猫嫌ひ(The Man Who Disliked Cats)」
(6月)「(Sir Agravaine / Roderick the Runt)」(未訳)
(7月)「(Ruth in Exile)」(未訳)
(10月)「(The Tuppenny Millionaire)」(未訳)
(12月)「弟のアルフレッド(Rallying Round Old George / Brother Alfred)」

1913年
(1月)「(The Eighteen-Carat Kid)」(未訳)
(1月)「(A Job of Work)」(未訳)
(2月)「(Something To Worry About)」(未訳)
(5月)「クラレンスのために全員集合(Doing Clarence A Bit of Good / Rallying Round Clarence)」
(10月)「(Mike's Little Brother)」(未訳)
(12月)「(Keeping It from Harold / Keeping it from Cuthbert)」(未訳)

1914年
(4月)「(The Landlady's Daughter / The Episode of the Landlady's Daughter)」(未訳)
(5月)「(The Bolt from the Blue / The Episode of the Financial Napoleon)」(未訳)
(6月)「(Crowned Heads)」(未訳)
(6月)「(The Episode of the Theatrical Venture)」(未訳)
(7月)「(The Episode of the Live Weekly)」(未訳)
(8月)「(The Episode of the Exiled Monarch)」(未訳)
(8月)「(One Touch of Nature / Brother Fans)」(未訳)
(9月)「(The Episode of the Hired Past)」(未訳)
(9月)「(A Sea of Troubles)」(未訳)
(10月)「(Creatures of Impulse)」(未訳)
(12月)「(Parted Ways)」(未訳)
(12月)「エクセルシオー荘の惨劇(Death at the Excelsior / The Education of Detective Oakes / The Harmonica Mystery)」

1915年
(1月)「みにくい巡査の恋物語(巡査の恋)(The Romance of an Ugly Policeman)」
(2月)「(Bill the Bloodhound / Bill, the Bloodhound)」(未訳)
(2月)「隠された芸術(Concealed Art)」
(3月)「(A Prisoner of War)」(未訳)
(5月)「(Aubrey's Arrested Individuality)」(未訳)
(5月)「Kちゃん(マック亭のロマンス)(The Making of Mac's / The Romance of "Mac's")」
(6月)「黒は幸運(Black for Luck / A Black Cat for Luck)」
(6月)「(The Disappearance of Podmarsh)」(未訳)
(6月)「レジナルドの秘密の愉しみ(Secret Pleasures of Reginald)」
(7月)「(The Military Invasion of America)」(未訳)
(7月)「(Wilton's Holiday / Wilton's Vacation)」(未訳)
(8月)「(The Eighteenth Hole)」(未訳)
(8月)「帰って行きたい帰りたい(At Geisenheimer's / The Love-r-ly Silver Cup)」
(9月)「ガッシー救出作戦(Extricating Young Gussie)」(J)
(11月)「とても臆病な男(言はず屋 / 泥棒を好きになった物好きな犬)(The Mixer:He Meets a Shy Gentleman / A Very Shy Gentleman)」
(12月)「いいことわるいこと─続言わず屋─(The Mixer:He Moves in Society / Breaking into Society)」
(11月&12月)「ボクはわんころ(The Mixer)」
(12月)「テスト・ケース(The Test Case)」

1916年
(1月)「近視擁護論(In Defense of Astigmatism)」
(2月)「コーキーの画業(コーキイの芸術的生涯 / コーキーの芸術家稼業)(The Artistic Career of Corky / Leave it to Jeeves)」(J)
(3月)「足の無器用な男(踊らん哉ワイフのために)(The Man with Two Left Feet)」
(4月)「伯母さんとものぐさ詩人(The Aunt and the Sluggard)」(J)
(11月)「ジーヴズの初仕事(天は晴れたり / 専用心配係 / ジーヴズ乗りだす / ジーヴス登場)(Jeeves takes charge)」(J)
(12月)「監獄志願兵(招かれざる客 / ジーヴズと招かれざる客 / ジーヴスと招かれざる客)(Jeeves and the Unbidden Guest)」(J)

1917年
(3月)「ミュージカル・コメディ作家であることの苦悩(The Agonies of Writing a Musical Comedy)」
(3月)「ジーヴスとケチンボ公爵(ジーヴズとしまりや公爵)(Jeeves and the Hard Boiled Egg)」(J)

1919年
(6月)「女というものは(所詮、女は女)(A Woman is Only a Woman)」(G)
(12月)「ゴルフ人事異動(Ordeal by Golf / A Kink in His Character)」(G)

1920年
(3月)「(The Colour Line / The Golden Flaw)」(未訳)
(3月)「(The Man Who Married a Hotel)」(未訳)
(4月)「(Archie and the Sausage Chappie / The Sausage Chappie)」(未訳)
(5月)「(Dear Old Squiffy)」(未訳)
(6月)「(Doing Father a Bit of Good)」(未訳)
(6月)「スリーサムの悲喜劇(A Mixed Threesome)」(G)
(7月)「(Paving the Way for Mabel)」(未訳)
(8月)「(Washy Makes His Presence Felt)」(未訳)
(9月)「(A Room at the Hermitage / A Bit of All Right)」(未訳)
(10月)「(First Aid for Looney Biddle)」(未訳)
(10月)「ゴルフは非情(The Rough Stuff)」(G)
(11月)「(Mother's Knee)」(未訳)
(12月)「心千々に乱れて(Sundered Hearts)」(G)

1921年
(1月)「(Strange Experience of an Artist's Model)」(未訳)
(2月)「(The Wigmore Venus)」(未訳)
(5月)「(The Coming of Gowf)」(未訳)
(6月)「ジョージ・マッキントッシュ救わる(The Salvation of George Macintosh)」(G)
(8月)「ロング・ホール(The Long Hole)」(G)
(10月)「カスバートの成功(カスバートの一撃)(The Clicking of Cuthbert)」(G)
(11月)「アキレス腱(The Heel of Achilles)」(G)
(12月)「ジーブスと春の訪れ(Jeeves in the Springtime)」(J)

1922年
(2月)「ジーブスがいなくては(心配係の休暇)(Scoring Off Jeeves / Bertie Gets Even)」(J)
(4月)「従僕と怪盗(Aunt Agatha Takes the Count / Aunt Agatha Makes a Bloomer)」(J)
(7月)「清潔な運動会を(The Purity of the Turf)」(J)
(8月)「バーティ君の変心(バーティー考えを改める / 君子豹変談 / 君子豹変譚 / 女学校事件)(Bertie Changes His Mind / Bertie Gets His Chance)」(J)
(9月)「ビンゴ青年行状記(The Metropolitan Touch)」(J)
(10月)「双生児綺譚(The Delayed Exit of Claude and Eustace / The Exit of Claude and Eustace)」(J)
(12月)「魔法のプラス・フォア(The Magic Plus Fours)」(G)

1923年
(1月)「ロロ・ポッドマーシュの目覚め(The Awakening of Rollo Podmarsh)」(G)
(4月)「犬の学校(愛犬学校 / ユークリッジの犬学校 / ユークリッジの名犬大学)(Ukridge's Dog College)」(U)
(5月)「怪我をする会(怪我をしよう会 / 傷害組合 / ユークリッジの傷害同盟 / ユークリッジの事故シンジケート)(Ukridge's Accident Syndicate / Ukridge, Teddy Weeks & the Tomato)」(U)
(6月)「ビルソンの敵討(バトリング・ビルソンのデビュー)(The Debut of Battling Billson)」(U)
(7月)「チェスター我を忘れる(Chester Forgets Himself)」(G)
(7月)「美人秘書救済(ドーラ・メイソン救援作戦)(First Aid for Dora)」(U)
(8月)「ビルソン豪勇記(バトリング・ビルソン再登場)(The Return of Battling Billson)」(U)
(9月)「ダンス混乱始末(男の約束)(Ukridge Sees Her Through)」(U)
(9月)「ゴルきちの心情(The Heart of a Goof)」(G)
(10月)「婚約(婚約解消綺譚 / 婚礼の鐘は鳴らず)(No Wedding Bells for Him)」(U)
(11月)「ルーニー・クートの見えざる手(The Long Arm of Looney Coote)」(U)
(12月)「強い男(身替り拳闘 / バトリング・ビルソンの退場)(The Exit of Battling Billson)」(U)

1924年
(1月)「ユークリッジ虎口を脱す(Ukridge Rounds a Nasty Corner)」(U)
(2月)「ロドニーの失格(Rodney Fails to Qualify)」(G)
(9月)「旧友ビッフィーのおかしな事件(ジーヴズとビッフィー事件)(The Rummy Affair of Old Biffy)」(J)
(10月)「ジェーン、フェアウェイをはずす(Jane Gets off the Fairway)」(G)
(11月)「南瓜が人質(The Custody of the Pumpkin)」(B)
(12月)「にゅるにょろ(Something Squishy)」(M)

1925年
(1月)「忍冬(にんどう)が宿<忍冬 (ハニーサックル)の家>(ハニーサックル・コテージ)(Honeysuckle Cottage)」(M)
(2月)「ビンゴ救援部隊(赤ちゃん亭主)(Clustering Round Young Bingo)」(J)
(3月)「大歓迎!(お母様はお喜び)(The Awful Gladness of the Mater)」
(6月)「刑の代替はこれを認めない(巡査を殴る / シッピーの禁固事件)(Without the Option)」(J)
(8月)「ロドニー・スペルヴィンの改心(The Purification of Rodney Spelvin)」(G)
(9月)「高価な賭け(High Stakes)」(G)
(11月)「バターカップ・デー(きんぽうげ記念日)(Buttercup Day)」(U)
(12月)「彼女の幸運(メイベルの小さな幸運 / メイベル危機一髪)(A Bit of Luck for Mabel)」(U)

1926年
(1月)「ポッタ氏の静養(ポッター氏の安静療法)(Mr. Potter Takes a Rest Cure / The Rest Cure)」
(3月)「ヴォスパーとの修交(Keeping in with Vosper)」(G)
(4月)「花瓶(シッピーの劣等コンプレックス)(The Inferiority Complex of Old Sippy)」(J)
(5月)「ブローチ<衿止>騒動(犬を売る話 / 冷静な実務的頭脳)(The Level Business Head)」(U)
(6月)「伯爵と父親の責務(Lord Emsworth Acts for the Best)」(B)
(7月)「ジョージの真相(どもり奇談 / どもり綺譚)(The Truth About George)」(M)
(8月)「人生の一断面(ささやかな人生 / 小説以上)(A Slice of Life)」(M)
(9月)「マリナー印バック−U−アッポ(Mulliner's Buck-U-Uppo)」(M)
(12月)「ジーヴズと白鳥の湖(ジーヴスと迫りくる運命)(Jeeves and the Impending Doom)」(J)

1927年
(3月)「ある写真屋のロマンス(花形写真師 / 写真屋の恋)(The Romance of a Bulb-Squeezer)」(M)
(4月)「ウィリアムの話(震災余聞 / J・S・E・M・?)(The Story of William / It Was Only a Fire)」(M)
(5月)「恐怖のティーグランド(Those in Peril on the Tee)」(G)(M)
(6月)「七転び八起き(Came the Dawn)」(M)
(7月)「豚ーやあーあーあーい!(豚、よオほほほほーいー!)(Pig-Hoo-o-o-o-ey!)」(B)
(8月)「僧正と強壮剤(主教の一手)(The Bishop's Move)」(M)
(9月)「厳格主義者(やかましや)の肖像(Portrait of a Disciplinarian)」(M)
(12月)「ジーヴズと降誕祭気分(湯タンポ騒動 / ジーヴスとクリスマス気分)(Jeeves and the Yule-Tide Spirit)」(J)

1928年
(6月)「ユークリッジとママママ伯父さん(ユークリッジと義理義理叔父さん)(Ukridge and the Old Stepper)」(U)
(7月)「少しは他人の喜ぶことも(アンブローズの回り道)(The Passing of Ambrose)」
(8月)「玉子を生む男(アーチボルド式求愛法)(The Reverent Wooing of Archibald)」(M)
(9月)「フレディーの仲直り大作戦(恋は海辺で / 失恋救済業 / フレッディーにキスして!)(Fixing it for Freddie / cf. Helping Freddie)」(J)
(9月)「ガートルードのお相手(Company for Gertrude)」(B)
(10月)「エムズワース卿とガール・フレンド(伯爵とガールフレンド)(Lord Emsworth and the Girl Friend)」(B)
(11月)「あの手この手(オズバート・マリナーの試練)(The Ordeal of Osbert Mulliner)」(M)

1929年
(2月)「ブラッドリー・コートの不快事(Unpleasantness at Bludleigh Court)」(M)
(3月)「恋の禁煙(禁煙綺譚)(The Man Who Gave Up Smoking)」(M)
(5月)「ミステリ小説に関する二、三のこと(About These Mystery Stories)」
(5月)「セドリックの物語(The Story of Cedric)」(M)
(7月)「(Back to the Garage / Franklin's Favorite Daughter)」(未訳)
(8月)「(Prospects for Wambledon)」(未訳)
(9月)「ジーヴスと歌また歌(Jeeves and the Song of Songs / The Song of Songs)」(J)
(10月)「預かった犬(犬のマッキントッシュの事件)(Episode of the Dog Mcintosh / Jeeves and the Dog Mcintosh / The Borrowed Dog)」(J)
(11月)「愛はこれを浄化す(The Love That Purifies / Jeeves and the Love That Purifies)」(J)
(12月)「ちょっとした芸術(傑作罪あり / ちょっぴりの芸術)(Jeeves and the Spot of Art / The Spot of Art)」(J)

1930年
(1月)「ジーヴスとクレメンティーナ嬢(Jeeves and the Kid Clementina)」(J)
(2月)「空腹と栄養学(ビンゴ夫人の学友)(Jeeves and the Old School Chum)」(J)
(3月)「ジョージ伯父さんの小春日和(The Indian Summer of an Uncle)」(J)
(4月)「子守歌騒動(タッピーの試練)(Tuppy Changes His Mind / The Ordeal of Young Tuppy)」(J)
(5月)「豪勇僧正(仮装パーティの夜)(Gala Night)」(M)
(6月)「ベストセラー(女流作家)(Best Seller)」(M)
(8月)「愛読者漫談(My Gentle Reader)」(エッセイ)

1931年
(2月)「わが家ホテル(ユークリッジのホーム・フロム・ホーム / 家庭寮没落史)(Ukridge and the Home from Home)」(U)
(3月)「あくなき挑戦者(The Go-Getter)」(B)
(4月)「(The Knightly Quest of Mervyn)」(未訳)(M ver.も有)
(5月)「運命(Fate / Compromised)」
(10月)「名探偵マリナー(微笑地獄 / 勝利の笑顔)(The Smile That Wins / Adrian Mulliner,the Detective)」(M)
(11月)「過去からの声(過去よりの声)(The Voice from the Past / A Voice from the Past)」(M)
(12月)「スープの中のストリキニーネ(ストリキニーネ・イン・ザ・スープ / スープの中の毒薬 / 探偵小説時代)(Strychnine in the Soup / The Missing Mystery)」(M)

1932年
(2月)「ウェブスターの物語(ウェブスター物語 / 猫ウェブスター氏)(The Story of Webster / The Bishop's Cat)」(M)
(3月)「猫は猫なり(猫と僧正)(Cats will be Cats / The Bishop's Folly)」(M)
(4月)「禽獣愛護(オープン・ハウス)(Open House)」(M)
(12月)「マンキイ・ビジネス(モンキー・ビジネス)(Monkey Business / A Cagey Gorilla)」(M)
(??月)「身の程知らずもほどほどに(Gone Wrong)」

1933年
(1月)「うなずき係(The Nodder / Love Birds)」(M)
(2月)「オレンジ一個分のジュース(The Juice of an Orange / Love on a Diet)」(M)
(3月)「スタア誕生(The Rise of Minna Nordstrom / A Star is Born)」(M)
(6月)「漂流者たち(The Castaways)」(M)
(8月)「驚くべき帽子の謎(アメイジング・ハット・ミステリー)(The Amazing Hat Mystery)」
(11月)「スティッファム家のツキ(The Luck of the Stiffhams)」

1934年
(9月)「(Noblesse Oblige)」(未訳)
(11月)「すべてのネコにさようなら(Good-bye to All Cats)」
(12月)「想いぞ燃ゆる(The Fiery Wooing of Mordred)」(M)

1935年
(2月)「マリナー一族の掟(The Code of the Mulliners)」(M)
(5月)「タズレイの災難(タッズリーからの脱出)(Trouble Down at Tudsleigh)」
(6月)「ビルソン猛練習(バトリング・ビルソンのカムバック)(The Come-Back of Battling Billson)」(U)
(7月)「道化師よさらば(Farewell to Legs)」(G)
(7月)「天翔けるフレッド叔父さん(フレッド叔父)(Uncle Fred Flits By)」
(8月)「アーチボルドと無産階級(Archibald and the Masses)」(M)
(9月)「灼熱の炉の中を通り過ぎてきた男たち(溶鉱炉の試練)(Tried in the Furnace)」

1936年
(2月)「ルールは厳正(The Letter of the Law / A Triple Threat Man)」(G)
(3月)「ゴルフさえあれば(There's Always Golf ! / Not Out of Distance)」(G)
(9月)「(Buried Treasure / Hidden Treasure)」(未訳)(M)
(10月)「ブランディングズ城を襲う無法の嵐(The Crime Wave at Blandings)」(B)
(11月)「仮面の吟遊詩人(The Masked Troubadour / Reggie and the Greasy Bird)」

1937年
(1月)「すべてビンゴはこともなし(ビンゴはすべて事もなし)(All's Well with Bingo)」
(2月)「ドロイトゲート鉱泉のロマンス(Romance at Droitgate Spa)」
(5月)「ビンゴとペケ犬危機(ビンゴのペキ騒動)(Bingo and the Peke Crisis)」
(7月)「アンセルム、チャンスをつかむ(Anselm Gets His Chance)」(M)

1939年
(7月)「編集長の後悔(編集長は本件を深く遺憾とし……)(The Editor Regrets)」(M)
(9月)「サニーボーイ(Sonny Boy)」
(10月)「元気ハツラツ、ブラムレイ・オン・シー(Bramley Is So Bracing)」

1940年
(1月)「(Scratch Man / Tee for Two)」(未訳)(G)
(7月)「(Dudley Is Back to Normal)」(未訳)(M)
(8月)「(The Word in Season / Bingo Little's Wild Night Out)」(未訳)(M)

1947年
(10月)「(Joy Bells for Barmy)」(未訳)

1948年
(3月)「ユークリッジの成功物語(Success Story)」(U)
(7月)「(Excelsior / The Hazards of Horace Bewstridge)」(未訳)
(9月)「もつれあった心(Tangled Hearts / I'll Give You Some Advice)」(G)

1949年
(2月)「ロドニーの病再発(Rodney Has a Relapse / Rupert Has a Relapse)」
(??月)「フレディとウーフィーのプロレス同盟(Freddie, Oofy, and the Beef Trust)」

1950年
(3月)「セールスマンの誕生(Birth of a Salesman)」(B)
(6月)「意外な弱点(Feet of Clay / A Slightly Broken Romance)」(G)
(11月)「素晴らしき日(Mr.McGee's Big Day)」
(??月)「(The Shadow Passes)」(未訳)

1951年
(??月)「(How's That, Umpire?)」(未訳)
(??月)「(Up from the Depths)」(未訳)(G)

1952年
(12月)「(Big Business)」(未訳)(M)

1954年
(5月)「(The Ordeal of Bingo Little)」(未訳)
(??月)「アルジーにおまかせ(アルジーにお任せ)(Leave It to Algy / Hats Off to Algernon)」

1955年
(4月)「(A Tithe for Charity)」(未訳)(U)

1956年
(10月)「(Joy Bells for Walter)」(未訳)

1957年
(2月)「(Ways to Get a Gal)」(未訳)

1958年
(8月)「ジーヴス、オムレツを作る(Jeeves Makes an Omelet / Jeeves and the Stolen Venus)」(J)
(9月)「(The Right Approach)」(未訳)(M)
(11月)「脂肪の塊(The Fat of the Land)」

1959年
(5月)「マリナーの偉大な勝利(From a Detective's Notebook / Adrian Mulliner's Great Triumph)」(M)
(8月)「コージーコット荘の混迷事件(Unpleasantness at Kozy Kot)」

1965年
(1月)「(Bingo Bans the Bomb)」(未訳)
(4月)「(Stylish Stouts / The Great Fat Uncle Contest)」(未訳)
(6月)「眠くなる(Sleepy Time / The Battle of Squashy Hollow)」(G)
(12月)「ジーヴスとギトギト男(Jeeves and the Greasy Bird)」(J)

1966年
(10月)「伯爵救出作戦(Sticky Wicket at Blandings / First Aid for Freddie)」(B)
(??月)「フレディの航海日記(Life with Freddie)」(B)

1967年
(1月)「ジョージとアルフレッド(George and Alfred)」(M)
(7月)「ユークリッジ口座を開く(ユークリッジ、アンティーク家具を売る)(Ukridge Starts a Bank Account)」(U)
(12月)「(A Good Cigar Is a Smoke)」(未訳)

1970年
(12月)「(Another Christmas Carol)」(未訳)(M)

1973年
(2月)「(A Shocking Affair)」(未訳)

1975年
(??月)「モリアティ教授の正体(Introduction in the Sign of Four)」

19??年
(??月)「執事よ、さらば(Good-bye to Butlers)」(エッセイ)
    ※1957年10月刊行の“Over Seventy”収載だが、初出年月は不明(ご存知の方、ご教示ください)





※翻訳タイトルが2種類以上ある場合はカッコで続けて併記し、
 同じく版によって原題の異なるものについては、カッコ内にスラッシュで続けて記しました。

※本企画の制作にあたっては、以下のHPサイトおよび書籍巻末の解説を参照させていただいております(順不同)。
☆P・G・ウッドハウス邦訳書誌
 (http://www.green.dti.ne.jp/ed-fuji/X02-wodehouse.html)
☆P. G. Wodehouse - Wikipedia, the free encyclopedia
 (http://en.wikipedia.org/wiki/P._G._Wodehouse)
☆Biographical and bibliographical note on P. G. Wodehouse with McIlvaine additions
 (http://www.abfar.co.uk/bibliogs/pgw_bib.html)
☆Bibliography of short stories
 (http://wodehouse.ru/bibssty.htm)
☆The Wodehouse short stories
 (http://home.earthlink.net/~nmidkiff/pgw/story.html)
☆『比類なきジーヴス』(国書刊行会)
☆『エムズワース卿の受難録』(文藝春秋)
☆『マリナー氏の冒険譚』(文藝春秋)
☆『エッグ氏、ビーン氏、クランペット氏』(国書刊行会)
☆『P・G・ウッドハウスの笑うゴルファー』(集英社インターナショナル)
☆『ドローンズ・クラブの英傑伝』(文春文庫)
☆『よりぬきウッドハウス1』(国書刊行会)


P・G・ウッドハウスを読む

 

トップヘ

 

inserted by FC2 system