「O・ヘンリ賞受賞作品を読む」ページトップへ
歴代受賞作品レビューへ〜1945 1946〜69 1970〜88 1989〜

O・ヘンリ賞受賞作品を読む




1956年
ジョン・スタインベック「M街七番地の事件」


この夏のはじめ、わたしが家族と一緒にパリのM──街七番地のきれいな家に住んでいた時、
それは起こった。

最近8歳になったばかりの下の息子、ジョンは
生まれてからアメリカ暮らしをしている間に
アメリカ特有の“風船ガムを噛む”という風習を身につけてしまっていた。

彼はパリに“かのおぞましい物質”を持ってくるのを忘れてしまい、私としてはとても喜んでいたが、
それもわが家の古くからの友人がジョンを喜ばせようと
大量のガムをお土産として買ってきたのだった。

わたしは、この件でジョンとルールを決めた。
そのルールの1つが、わたしが考えをまとめようとしている時には絶対にチューイングガムを噛まないこと。
ジョンは快くそのルールを受け入れたのだが…。

わたしがエッセイを書いている時、彼が風船ガムを噛み続けている。
わたしが「ルールは知っているだろう」と聞くと、
目に涙を浮かべながら、「ぼくがやったんじゃないよ!」

「どういう意味だ、おまえがやったんじゃないとは?」
「お、お、おとうさん!…ほんとにぼくがやったんじゃないってば…」

パリが舞台のおどろおどろしい話。
想像すると気持ち悪い。
(深町真理子・訳 畑農照雄・画/早川書房『ミステリマガジンNo.256 1977年8月号』所収)
                           (2013.12.29/B)

トップヘ

All Rights Reserved Copyright (C) 2003-2014,MUSEION.

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

inserted by FC2 system